ウーマン

双極性障害が迫り来る!知識を身につけ予防しよう

性格それとも病気

看護師

双極性障害とは、二極の障害を行ったり来たりする気分障害です。周囲も本人も焦らずに治療することが大事です。原因は遺伝子によるものや生育環境によるものなど、多岐にわたります。適切な治療を行うためには、早めに精神科に出向くと良いでしょう。

More Detail

躁とうつを繰り返す病気

手を広げるウーマン

双極性障害と呼ばれている病気はかつて躁うつ病と呼ばれていました。躁状態とうつ状態を繰り返すのがこの病気の特徴で、うつ状態のときはうつ病とよく似た症状を呈します。治療法はうつ病と異なり抗うつ薬は原則として使用しません。治療には時間もかかりますが、精神科では長期間にわたって患者さんをサポートしています。

More Detail

うつ状態が続く症状

看護師

双極性障害は日常的な気分の落ち込みが長く続き社会生活にも影響を及ぼします。ですが治療法が整っている病気で投薬でコントロールしていけば普段と変わらない生活を送ることが可能です。双極性障害と正しく向かい合うためにもまずは病気について正しく理解して向き合いましょう。そして、周りの人のサポートを受けることも大切です。

More Detail

相反する二つの気分

カウンセリング

双極性障害は心の障害ではなく脳の障害です。気分安定薬の長期服用や精神療法などで、高い改善効果が見込まれます。症状回復後は予防が可能なので、放置することなく再発防止に重点をおいて治療することが必要なのです。

More Detail

うつと躁の繰り返し

悩む男性

うつ病との違い

双極性障害の症状をうつ病と同じように考えている人が多く見られます。しかし実は双極性障害とうつ病は治療方法もかかりやすい人の特徴も違うものです。一般的にうつ病のイメージは、気持ちが塞ぎ込みがちであったり無気力・悲観的な考え・社会との適応困難があげられます。双極性障害にも、うつ病同様にメンタル面での変化が大きく見らえます。その一方で、双極性障害にはこれにあわせて躁の状態があらわれます。躁の状態は、極端に気分が高揚した状態をいいます。この躁の状態がしばらく続きその後うつの状態が起こります。この精神状態を繰り返してしまう症状を双極性障害と言います。うつ病と双極性障害とは、治療方法が異なるため注意が必要です。精神科や心療内科では、うつを改善するために抗うつ剤を処方することが多く、正しく服用することで症状が落ち着いていきます。しかし双極性障害の場合は、抗うつ剤を服用すると症状が悪化してしまうことがあります。双極性障害の症状を改善するためには、主に気分安定薬や抗精神病薬が用いられます。また、再発を予防するために心理社会的治療もあわせておこなう必要があります。単純に薬だけ飲めば症状が改善されるというものではなく、根本的な治療が求められます。

気分安定薬の服用

うつ病と双極性障害のどちらにかかる人が多いのかを調べたデータによると、100人に5人前後の割合でなるうつ病に対して、双極性障害に悩む人の割合は100人に1人から2人であることがわかります。うつ病になる人に比べて双極性障害は発症する割合が低いのが特徴です。また、双極性障害の発症が多く見られるのは20代前半に多いのに対し、うつ病発症年齢よりも若いのです。双極性障害の治療には、リチウム・バルプロ酸・カルバマゼピンなどの気分安定薬が用いられます。躁うつ状態の改善や予防効果が期待できます。これらの服用には副作用が生じる場合がありますが、副作用を避けるために服用を中断すると治療が進みません。薬の副作用について不安がある場合には、医師に相談することが大切です。精神科や心療内科では、うつ病と双極性障害の見極めをしてそれぞれに適した治療方法をおこなってくれます。自己判断で薬の服用を中断したり過剰に摂取することは避けなければなりません。双極性障害は、自律神経系の働きによっても症状が変化することが知られています。そのため、天候や生活習慣の乱れが症状の悪化につながる場合もあります。睡眠や適度な運動を取りいれることで、迫り来るの病魔を予防や症状の改善に効果が期待できます。