女の人

双極性障害が迫り来る!知識を身につけ予防しよう

躁とうつを繰り返す病気

手を広げるウーマン

うつ病とよく似た症状

精神医学の分野では、さまざまな事情から病名が変わる例があります。双極性障害もその1つです。この病気はかつて躁うつ病と呼ばれていたように、躁状態とうつ状態を繰り返すのが大きな特徴です。うつ状態のときはうつ病とよく似た症状を呈するので間違えやすいですが、両者は治療法が異なりますので注意が必要です。双極性障害で繰り返される躁状態とうつ状態のうち、後者はうつ病と同じく抑うつ気分が代表的な症状です。趣味や娯楽にも楽しい気分が感じられなくなり、疲れやすくなったりやる気がなくなったりします。その他にも集中力がなくなったり自己否定感や罪悪感に悩まされたりする場合もあります。双極性障害がうつ病と異なるのは、うつ状態ばかりが長く続くわけではない点です。躁状態に入ると気分が異常なくらいにハイテンションとなって、自分でも絶好調だと感じるものです。過度なほどの社交性を発揮して能弁になり、時として周囲を驚かせるような行動を取ることもあります。こうした行動が身近な人に迷惑を及ぼすと、生活破綻にもつながりかねません。双極性障害の原因には遺伝性も関わっていると言われています。家族歴のある人はそうでない人よりも発症リスクが高いと言えますが、環境的要因の影響も小さくないので一概には言えません。うつ病は若年層から高齢者までどの年代でも発症しますが、双極性障害は20代を中心とした青年期に発症しやすい傾向が見られます。双極性障害の治療は精神科やメンタルクリニックで行っています。治療をしない場合は躁状態とうつ状態を一生の間で10回以上繰り返すと言われていますが、専門の医療機関を受診することで治すことも可能なのです。

うつ病とは異なる治療法

双極性障害の治療にはある程度の期間が必要です。再発予防も含め、長い時間をかけてじっくりと治療に取り組んでいく姿勢が大事になります。うつ病と比べても治りにくい面は確かにありますが、精神科やメンタルクリニックを通じた正しい治療を地道に続けていれば症状は必ず改善に向かうものです。治療法はうつ病と同じく薬物療法と心理療法が柱となります。双極性障害の薬物療法では使われる薬がうつ病と大きく異るため、最初の診断が極めて重要です。うつ病治療では脳内神経伝達物質の活動を促す抗うつ薬が効果的ですが、抗うつ薬は躁状態へと転じる可能性があることから、原則として双極性障害の患者さんには使いません。うつ状態が重い場合にのみ補助的に使われています。双極性障害の症状を改善させるのに最も効果が高い薬は気分安定剤です。この病気は気分の波が大きすぎる点に特徴があるのですから、薬の作用でそうした気分の不安定さを抑えることで患者さんも落ち着きます。躁状態のときは抗精神病薬も効果を発揮します。不眠を訴える患者さんには睡眠導入剤が処方されることもあります。心理療法もまた双極性障害の治療に不可欠です。うつ病治療にも実施される認知行動療法や対人関係療法を通して、否定的な考え方や人間関係に関する混乱をプラスの方向に変えていくことができます。病院やクリニックによっては心理教育や社会リズム療法なども実施されています。双極性障害の治療は再発予防も重要です。精神科では長期間にわたって患者さんをサポートしています。定期的な通院によって再発の兆候がないかどうかを検証し、患者さんの状態に合わせた万全のケアを実施しているのです。